はぐれヒロシの備忘録

読書の感想/レビュー、プログラミングなど

浜村渚の計算ノート 感想/レビュー

 最近、人生哲学書のようなものを多く読んでいたので頭が窮屈になってるような感覚があった。そういうのを解決するためライトな内容の小説を読んで気分転換を図ろうと選んだ本がこちら。

浜村渚の計算ノート (講談社文庫)

内容紹介(Amazonより)

「刑事さん、解けちゃいました」
四色問題フィボナッチ数列、円周率――。対「数学テロ」。警視庁の最終兵器は、天才数学少女!

「数学の地位向上のため国民全員を人質とする」。天才数学者・高木源一郎が始めたテロ活動。彼の作った有名教育ソフトで学んだ日本人は予備催眠を受けており、命令次第で殺人の加害者にも被害者にもなりうるのだ。テロに対抗し警視庁が探し出したのは一人の女子中学生だった! 新時代数学ミステリー!!

 

 設定が割りとめちゃくちゃだけど気にしなければ楽しめると思った。その設定の一部として義務教育における数学、理科などの理系科目の時間を減らし、芸術などの時間を増やすというものがある。工学部の学生である俺としては、減らしちゃいかんだろ(笑)とツッコんだ。

 著者はあとがきで「ほんとうの意味での初心者向きであり、かつ数学への愛に満ちており、できれば読んでいるうちに数学の知識が身につく(あるいは、そんな気になる)作品が読みたくて、この際自分で書いてニヤリと笑ってしまおうというきっかけで書いた『自分向け小説』だった」と語っている。ガチガチに数学をやっているような人からすると味気ないように思えてしまうかもしれないが、俺のような数学をかじった程度なら楽しめると思った。

 内容紹介に「天才数学少女」とあるが、俺は「愛すべき数学バカ少女」といった感じに思った。中学・高校程度の数学知識で読めるし、「ちょっと頭が良くなった気になれるライトノベル(挿絵なし)」くらいの読みもの。

 「面白いけど、グッと引き込まれるほどではない。面白いけど。」

 2巻以降は気が向いたら購入しようと思います。